中古車の情報収集方法

  • 中古車の燃費情報を調べよう

    • クルマを購入するとき、燃費を気にする人が多いです。新車の場合は、カタログやホームページなどに燃費情報記載されているのでわかりやすいのですが、中古車の場合は燃費情報が記載されていませんから、自分でインターネットなどを通して燃費情報を調べなければなりません。古いクルマの燃費情報に関しては、インターネットで調べると情報を公開しているサイトを見つけることができます。


      ただ、昔のクルマの燃費は現在のJC08モードではなく、10・15モードの場合が多くなります。
      JC08モードよりも正確ではないので、実際の燃費は10・15モードよりも1~2割程度低くなると想定しておくと良いでしょう。


      さらに、JC08モードにしろ、10・15モードにしろ、新車時の数値であるため、年式が古い中古車になればなるほど、さらに燃費は悪くなると考えた方が良いでしょう。クルマの燃費技術は近年急速に高まっており、かつてはリッターあたり10キロ前後が目安となっていましたが、現在は2000ccのガソリン車でリッター15キロ前後、ハイブリッド車にいたっては25キロ前後が目安となっています。
      クルマは新しくなればなるほど、燃費性能が上がっているということです。



      そのため経済性を考えて安く中古車を購入したとしても、ガソリン代や修理代など維持費は逆に高くつくことになることを理解しておく必要があります。



      しかし、メンテナンスさえしっかり行っていけば、現在のクルマは15万キロ程度は問題なく走ります。

      ロケットニュース24の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

top